masaka says
村井康彦「藤原定家『明月記』の世界」を読む。日記の記述に沿って定家を取り巻く環境と出来事がまとめられている。要所を押さえて分かりやすく整理されありがたかったが、定家の俗物的なところがやや主観的に強調されるように読めてしまったのは残念。歌聖と祭り上げるのがよいというわけではなく、自己中心的というのも実際そうだったのだろうが、いちいち感想を加えず淡々と書いてくれれば