masaka says
サルヴァトーレ・シャリーノのフルート作品集を、マッテオ・チェザーリの演奏で。初期の「遠くのオーラに」(1977)から「パリのチベット人」(2018)までを集めたCD3枚。どれも特殊奏法のオンパレードで、息音はもちろん、ホイッスルトーン、ジェットホイッスル、ハーモニック・クラスター、ビスビリャンド、キーノイズなど、楽器のあらゆる可能性を追求する。空白が多用される中で鋭い音が禅寺のような景色を描く。若林かをり「S.シャリーノ作品におけるフルートの特殊奏法とその記譜法について」という論文も見つけた。Kairos 9120040735746 #nml