masaka says
COVID19を戦争に例えるのは違和感あったが、朝刊に掲載されていたエマニュエル・トッドのインタビューで、人口動態などの社会的変動へのインパクトからみても全く違うというのは明快。それは「自らの政策が招いた致命的な失敗を覆い隠したい」からであり、新自由主義的な社会政策切り詰めの結果による変化が加速しているだけだと。多様な側面があるからそれだけとは言い切れないにしても、これまでの矛盾が急に顕在化しているのは確かであり、コロナ後にそれにどう立ち向かうか