masaka says
サマーフェスティバル:ジャレル管弦楽。新作委嘱のVn協奏曲は、うまい具合に響きを重ねて作られていたように思われるが、2Fセンター席では独奏の音がほとんど聞こえず、何とも。「…今までこの上なく~」もやはり管楽器がffになるとVnが聞こえなくなってしまうが、静かな中間部を活かせるのでこちらの方がバランスが取りやすかったか。ただオケ初演はいろいろ難しい。ベルクの「3つの小品」は断然ロマンティックな響きになったが、その分ホールには合っていたかも。細部も弾き込まれていた。1曲目の横井「メモリウムIII」は焦点が定まらないままだったような