masaka says
サントリー美術館「遊びの流儀」展に行ったのはこれで5回目かな。展示替えもあるし、じっくり見ようと思うとメンバーになって何度も行くことになった。遊楽図に細密に描き込まれた一人ひとりにそれぞれ表情があるのが面白い。大型絵に大きく描かれた人物は、案外退屈。さすがに国宝は細部もしっかりしているが、表情がそれほど魅力的でないのは同じで、不思議なものだ