masaka says
ウォルフガング・リームの弦楽四重奏曲第1~4番を、ミンゲット四重奏団の演奏で。いろんな表現を手探りで確かめる第1番、グリッサンド、そして凝縮された音が躍動する第2番、6つの楽章で少し深い表現に分け入ろうとする第3番、バルトークのような太さが加わる第4番、いずれも聴き応えたっぷり。col legno WWE1CD20211 #nml