masaka says
調性音楽の勝利というのが話題になっているようなので、菅野祐悟の音源を探して交響曲第1番とトロンボーン協奏曲を聴いてみた。うーむ、劇伴にはいいかも知れないが、これはなんともお花畑。前衛に取り組んだ作曲家とは比べるべくもないし、調性の中でさまざまな試みをしてきた先人と並べて「調性音楽」と括るのも失礼なレベル。演奏会に新しい層をという気持ちは分かるが、これでは自滅しかない