masaka says
ダウンロード違法化問題は、低迷する業界が政治的な操作に救いを求め、結局規制と監視が強化されるだけという茶番だが、なし崩しに何でも対象になり得る違法化立法をされるのはかなわん。津田大介が語るように、2007年の音楽映像ダウンロード違法化は限定的で刑罰もなしということで押し切られたのが、施行2年後には議員立法で刑罰化、そしてここであらゆる著作物へと対象拡大。常習性が要件など縛りは最初付くにしても、あっさり外される恐れ大