masaka says
大阪都構想は(特に外部からは)政治家の好悪に帰着してしまい、制度そのもののを正面から捉えての議論とは次元が違ってしまった感。ポピュリズム型政治が肯定されなかったと考えればとりあえずこれはこれでよかったのだが、既得権層を打破して新しいことを推進する力を誰が持っているのかというとこれまた難しい